3月22日定例活動

3月22日(日)、春分の日が過ぎてだいぶ暖かさが感じられるようになった。
晴れている。橋本駅南口に8時30分集合。11人が集まるが、もう一人との連絡が取れない。
ということで、先に8人が乗って出発。

道路は空いていて、順調に進む。近くのカワヅザクラは満開。途中のウメも満開。
相模川の近くの圏央道インターチェンは3月末に開通とか。新しい道路はまだ封鎖中。
 
30分ほどで林道入り口に着く。バイクのYさんがゲートを開けてくれる。
もう一台も追いついて土場へ。
今日の参加者は14名。身支度をして、準備体操。Yさんが音頭をとる。

今日の作業は、キノコの菌打ちとヒノキの枝打ち。
キノコは、ほだ木に穴をあけ、種ゴマを打ち込む。
IMGP2485.jpg

発電機を起動して、ドリルで穴あけ。ドリルは2台、4人ほどでどんどん進む。
打ち込んだほだ木は、斜面に運び、積み置く。
IMGP2483.jpg

外のテーブルの周りにスギが発芽して生育している。
IMGP2489_201505181307033c5.jpg

小さいものを掘り取り、
土場の奥の崩壊部に植栽する。
IMGP2490_201505181307055a3.jpg
ここは崩壊部の雨裂を土のうで埋め、丸太を渡して土留めにした場所。
土は湿っていてちょうどよい。10本ほどなのですぐ終了。

 小屋の前の古くなった案内板をはがし、新しい図とボランティア募集の用紙を張り付ける。
それと、山頂方面の誘導標を作る準備。板にパウチングした名称を釘で打ち付ける。
IMGP2494.jpg

支柱の丸太は広葉樹の除伐材を利用する。急な勾配の坂を登って、丸太を運び出してくる。
ナタで柵を削るが、堅くてなかなか大変。

尾根道沿いのヒノキ植林地は10~12mほどに生育しており、下側の枝の枯れが目立つ。
IMGP2502.jpg

2段(4m)の1本梯子で枝打ち。安全ベルトをつけ、しなる梯子を登っていく。そろそろ間伐が必要と思われる。

そして、昼。外の風はまだ冷たい。小屋の中でストーブを焚き、昼食。
昼食後にMさんが持参した一夜干しのイカを焼いて、皆に振舞う。薄い塩味でおいしい。
IMGP2499_2015051813095759d.jpg

 午後の作業は、枝打ちの続きと除伐した材などの片付けを行う。
また、ヒノキ林の状況を把握するために、20m×20のプロットを測り、内部のヒノキの幹周を測る。
林内は暗く、林床植生は少ないが、急傾斜なので、なかなか大変。これをまとめて作業指針とする予定。
IMGP2514.jpg

14時30分を過ぎて、そろそろ終了。2段の梯子はアルミであるが、
不安定な山腹では、運搬が大変。バランスを崩して、転倒する人もいた。ケガはなし。

土場で道具の手入れをして片付ける。そして終礼。担当のMさんより今後の行事などの案内がある。
IMGP2523.jpg

自動車に分乗して帰途へ着く。今日は道路が混んでおり、途中から渋滞して、山道をノロノロ進む。
どうもインターチェンジの近くにできたショッピングセンターの影響のようだ。

インターチェンジのところもノロノロ進む。そのままいってもずっと混んでいそうなので、
旧道の小倉橋を渡り、回り込んで、橋本へ到着。
いつもより40分ぐらい遅くなった。そして、今日も冷たいビールと焼酎で反省会でした。
IMGP2516エンレイソウ

IMGP2517.jpg


IMGP2526ヨゴレネコノメ
スポンサーサイト

2015年1月10日定例活動レポート

寒中である。よく晴れて寒い。8時30分、橋本駅南口に集合。
新年の第一回目の活動日のためか、参加者は18名と近ごろでは多い。

3台の自動車に分乗して現地に向かう。3連休の初日であるが、
道路は空いており、自動車は順調に進む。途中の圏央道相模原
インターチェンジの工事は出入り口の路線がつながった。
3月までには道路の舗装工事が進んで、供用が開始されるそうだ。

30分ほどで林道入り口。森林はひんやりしている。
急勾配の坂道をのぼると、開けていて眺めがよい。
ここを過ぎると、ツルにからまれた大きな樹木がある。
山側斜面は急傾斜面が続く。

間もなく、土場に到着する。風はないが、寒いのですぐに小屋に入り、
ストーブに火を入れる。今日は燃え始めの状態が悪く、小屋の中は
煙だらけになる。身支度をして、今日はMさんの音頭で準備体操を行う。
ケガのないように、身体をよくほぐす。

今日の作業は、枝打ちと除伐を行う。尾根沿いのヒノキ植林地は、
枝が隣の木と重なって、下枝に枯れ枝が増ええている。
この枯れ枝を中心に、1本梯子にのぼって枝打ちをした。

このままの本数(密度)で生育すると、ますます葉の付いている樹冠が
小さくなって枯れ枝が増え、ヒョロヒョロの幹になってしまう。
次年度には本数を減らす間伐を実施する必要がある。

コナラ植林地は、下枝が枯れて上部で枝が広がり、
隣接木と接する状態(うっ閉状態)になっている。

IMGP0663.jpg

また、カミキリムシの被害で、主幹の下部が傷んでいるコナラもある。
一部は枯れてしまった樹木もある。

IMGP0667.jpg

斜面の下側は、コナラはほとんど生育せず、エゴノキ、ミズキ、キブシ
などが点在して生育する。林床にはムラサキシキブなどが群生している。

ここでは、うっ閉状態のコナラを間引く。幹の下部は直径10cmほどに生育しており、
ノコギリで切るのはなかなか大変で、身体が熱くなった。

IMGP0666.jpg
横に広がった枝を切る。

切ったコナラは、運びやすいように1mほどに切断し、担いで運び出した。

IMGP0669.jpg


有効利用する予定である。

そして、今日の午後は新年会を予定しており、12時で作業終了。
土場で道具の手入れ。ノコギリは木くずを落とし、ヤニを取って、さび止めを吹き付ける。

着替えて12時30分終礼。正月なので記念写真を撮る。

IMGP0671.jpg

自動車に分乗して、山道を下る。途中の北向き斜面で、シモバシラを観察する。

IMGP0678.jpg

これはシソ科のシモバシラの枯れた茎の下部から水が吸い上がり、
きれいに凍って白い造形が出来上がる。薄い氷に年輪のような筋が見られる。
今年はちょっと小さめである。周りの落葉にも氷の結晶が出来ている。

林道を下り、幹線道路に出て、橋本駅へ13時過ぎに到着。

新年会会場の居酒屋へ集合。今日は14名が参加。
小さな宴会場がいっぱいである。ビールで乾杯。
その後たくさんの肴と焼酎などで、えんえんと楽しみました。

IMGP0688.jpg
新年会の特大チキンカツ!

今年もよろしくお願いします。

12月23日定例活動レポート

12月23日(火)はよく晴れて冷え込んだ。22日が冬至であるが、
寒さはまだ半ばで、これからさらに寒くなる。道路わき法面の草地には霜が降りていた。

IMGP0047.jpg

8時30分、橋本駅に集合。参加者は12名。2台の自動車に分乗して出発。
道路は渋滞もなく、順調に進む。相模川対岸の圏央道のインターチェンジ工事は、
コンクリートの曲線の出入り口のルートが全部つながり、付け替え道路も形が見えてきた。

林道入り口のカギをあけて、林道を進む。急な坂を上がったあたりから、
ところどころに崩落した岩礫がころがっている。自動車の底をすらないように慎重に進む。

無事、土場に到着。作業身支度をして、準備体操。Mさんが音頭を取る。

IMGP0052.jpg

落葉樹はほとんどが葉を落として冬支度である。山道は落ち葉が積もっている。

今日は今年最後の作業ということで、Tさんがトン汁を作ってくれるという。
材料も刻んで準備していた。小屋のストーブに火を入れて、大きな鍋で煮込む。

IMGP0055.jpg

ほかの作業は、巣箱づくりと中道に近いコナラ林あたりの除伐、
尾根道のヒノキの枝打ちなどを行う。

IMGP0061.jpg

前回に引き続き、追加の樹木の名前調べも行う。

巣箱は、前回の残りの材料が3個分ほどあるので、板の寸法を測り、
ノコギリで切断して組み立てる。前回はほとんど小型のシジュウカラ、
ヤマガラなどの小さい種類を対象としたが、今回は入り口を大きくして、
少し大型のムクドリなどが入れるようにつくる。

コナラ林、広葉樹二次林の除伐は、中低木のヤブツバキなどの枝払い、
林床低木のムラサキシキブ、アオキなどを伐採する。北東向きのやや急斜面で、
上り下りが大変だった。

十数年のヒノキ植林地は、9~10mに生育している。梯子1段での枝打ち作業は
以前に終わっており、その上側にも枯れ枝が目立つ。今回は2名でその枯れ枝を
中心に枝打ちを行う。次年度は切り捨て間伐が必要と思われる。

樹木の名前調べは、樹名板を取り付けるための準備である。仙洞寺山へ登る
尾根道を中心にチェックする。落葉樹は葉が落ちているのでちょっと不安がある。
幹や樹形、枝の出方などに特徴のある樹種はよいが、似ている種類もあるので注意が必要である。

尾根道の緩傾斜地に何本か生育している「アサダ」は、若い木の樹皮はスベスベであるが、
直径10cmほどに生育すると、ガサガサになってはがれてくる。よく見ていないと、
同じ樹種とは思えないくらいである。

IMGP0060アサダ
若いアサダの樹皮

IMGP0059アサダ
アサダの樹皮

樹名板は尾根道と土場を中心に、これまでに34枚かけてあるが、注意していないと、
見逃してしまう。複数枚設置してもよさそうである。

そして昼になる。小屋ではストーブの上の大鍋にTさんお手製のトン汁が出来ていた。
容器も準備してあり、全員に配られる。おかわりは早い者勝ち。全部食べ切りました。

IMGP0078.jpg

Yさんからはチョコレートの差し入れ。おいしくいただきました。

午後の作業は午前中の続き。3個の巣箱は場所を選び、幹にしばりつけてかけられた。

IMGP0089.jpg

前回と合わせると、13個を設置したことになる。さてどれだけ利用されるか、楽しみである。

小屋の周りのスズタケの刈り払いを行う。今年開花したためか、大部分が枯れている。
稈が緑で枯れていないものが1~2割含まれている。全部が枯れるのではないかもしれない。
樹木に絡みついているツルも切る。太くて切り応えがある。

15時前に作業終了。作業道具の手入れをして片付ける。肌寒いので小屋の中で終礼。
Mさんが次回の案内をして、終了。自動車に分乗して、橋本へ帰途に就く。

16時橋本着。そして、今日は今年最後ということで、忘年会。いつもの居酒屋へ集合する。
9名が参加する。ビールで乾杯し、いつもの「タマネギ」(かき揚げ)、ビールに合うソーセージ、
15種野菜のサラダなどたくさん食べ、さらに焼酎のお湯割りでのどを潤す。

そして18時過ぎに終了、散会しました。
今年一年お疲れ様でした。来年もよろしくお願いいたします。

11月23日定例活動の写真

IMGP9055.jpg

IMGP9057.jpg

IMGP9056.jpg

IMGP9058.jpg

IMGP9059.jpg

IMGP9063.jpg

IMGP9071.jpg

IMGP9080.jpg

IMGP9064.jpg

IMGP9065.jpg

IMGP9066.jpg

IMGP9067.jpg

IMGP9069.jpg

IMGP9072.jpg

IMGP9074.jpg

IMGP9073.jpg

IMGP9079.jpg

IMGP9075.jpg

11月23日定例活動レポート

朝、少し寒くなって布団から抜け出すのにちょっと気合いがいるようになった。

今日は勤労感謝の日、昔は新嘗祭といい、収穫の感謝祭とか。
農産物に感謝して、朝食。

橋本駅に10分前に到着。いつもの場所にまだ1人しかいない。
今日は少数かと思っていたら、ボチボチやってきて、10人になる。
8時30分、2台の自動車に分乗して駅を出発。寒さ用心をして少し厚着をしてきたが、
日差しは柔らかく、風もなく穏やかで暖かく感じる。

三連休の中日で少し自動車は多めに見えるが、ほとんど渋滞もなく、順調に進行。
木々は色づき始め、サザンカの白い花も散見される。
林道入り口で、もう一人の参加者がバイクで駆けつける。

7人乗りのレンタカーは車高が低く、大人6人が乗っていることもあり、林道に落石があると、
底が触って音がする。ゆっくりと進み、無事、駐車する土場に到達する。

作業の身支度をして、広場で準備体操。今日はいつも音頭を取るYさんが休みで、
自主体操。それぞれが体を動かす。
IMGP9062.jpg


作業は尾根を少し上がった場所の除伐を行う。前回の続きである。
尾根道の近くはだいぶ片付いてきたが、中道に近い場所は傾斜がきつくなる。

一部は土場で巣箱づくりイベントの試作品作り。購入した板に寸法を測って線を引き、
ノコギリで切っていく。寸法図を入手してあったので、比較的簡単に切断できた。
そして、出入り口は当初、ドリルで円形にくり抜く予定であったが、角を一部3cmほど
切り取って簡単に作った。切断した板を釘で止めて完成。サンプルができた。

IMGP9077.jpg

その後、小屋で道具を探し始めたが、古い道具を取り出して、再整理することになった。
土場の小屋を作った時の工具やかつて使った鉄製のかまどなども出てくる。
ネズミが巣をつくっていたようで、道具の間に紙や葉がたくさんため込んであった。
蛇の抜け殻も発見。
IMGP9076.jpg

一度外に出した道具類をしまっていると、はやお昼。除伐組も戻ってくる。
ポリタンの水で手を洗い、小屋の中で昼食、持参のおむすびをほおばる。
ペットボトルに入れた酒を持参した人がいて、少しいただく。

食後、林道の奥のメグスリノキを見に行く。上部の一部の紅葉が始まったばかりで、
まだ緑の葉が多い。周りのイロハモミジやオオモミジは紅葉、黄葉するものも見られる。

IMGP9060.jpg
紅葉したメグスリノキの葉

IMGP9070.jpg
林間の紅葉

さて午後の作業は引き続き、除伐。道具小屋の整理整頓の後、今後の作業のために、
上方の森林状況を確認する。しばらく見ないうちに植林木が生育して、林床が暗くなっている
場所が目につくようになった。

急斜面であり、植生が少なくなると、地表面の浸食が起こりやすくなるので、間伐枝打ちが必要になる。
来年度の計画に反映させることにして、除伐場所に戻る。

IMGP9068.jpg
作業が終わって紅葉の撮影

作業場所が近いせいか、いつもより少し遅くなって15時前に作業終了。土場に戻り、
ノコギリのヤニ取りなどの手入れをして片付ける。

そして今日もケガもなく、終礼。自動車に分乗して、橋本へ向かう。
道路は多少混んでいたが、16時15分ごろ到着。

天気にも恵まれ、さわやかな一日でした。

そして、いつもの反省会会場へ。ビールの大ジョッキと焼酎のお湯割り、
カシス、日本酒などで、楽しく反省会が進みました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。